岡田マリ的
渋谷区スペシャルニーズサイト

子どもたちそれぞれの、あふれる個性。必要な支援を必要なタイミングで!

小学校について

渋谷区教育委員会では毎年5月中旬ころから入学前年のお子さんを対象に就学相談を行っています。
「通常学級」「特別支援学級」「特別支援学校」「特別支援教室」「情緒障害等通級指導学級(中学校)」「難聴・言語障害通級」があります。

お子さんが楽しく通えるか、学ぶことができ学習が深めることができるか、等を判断してください。
お子さんがどの学級が合いそうか、運動会や学芸会などの行事、学校説明会、学校公開などに足を運んでみるのもよいかもしれません。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/gakkou/tetsuduki_g.html#2
*特別支援学級(固定学級)、都立特別支援学校へ就学をご希望される方は就学相談を受けてくださいね。

  • 特別支援学校
  • 特別支援学級

特別支援学校

特別支援学校って?どこにあるの?通学方法は?

学校教育法第72条によると
特別支援学校は、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者を含む。以下同じ。)に対して、幼稚園、小学校、中学校又は高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的とする。

つまり特別支援学校では幼稚園部、小学部、中学部、高等部、高等部専攻科のそれぞれの学級で準じた教育をうけながら、自立するために必要な教育も受けていきます。

特別支援学校の特色

  • 教職員数が通常の学校よりも多く、専門性が高い
  • 一人一人に応じた教材を使用します
  • 医療的ケアが必要な児童・生徒もいるので看護師が常駐している学校もあります。
  • 区内お住まいの学区域の小中学校との副籍交流も行っています。
    副籍とは:都立特別支援学校の小中学部に在籍する児童・生徒がお住まいの地域の小中学校に副籍をもち、交流を通じて地域とつながりをもつ制度です。
  • 校舎や体育館にも子どもたちが過ごしやすいよう様々な配慮がされています
  • 特別支援学校はスクールバスを運行しています。特別支援学校のスクールバスの指定停留所までは送迎が必要です。特別支援学校のスクールバスの送迎には保護者の方、また移動支援も利用できます。

移動支援事業とは:
野外での移動が困難な障害者(児)の外出を介護します。
対象は愛の手帳、療育手帳の交付を受けている方、身体障害者手帳の交付、視覚障害または全身性障害の方、精神障害者福祉手帳を受けている方等。
支給時間、利用者負担等については
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/todoke/mynumber/youkou/39idouyoukou.html
障害者福祉課 相談支援係まで :03-3463-1934

東京都公立特別支援学校

東京都公立特別支援学校一覧

*特別支援学校には学区があります。詳細は教育委員会、または各学校にお問合せください。

特別支援学校に入学するには:
都立特別支援学校の小学部及び中学部へ就学を希望される方は、学務課特別支援教育係に、まずはお電話でお申込みとなります。
渋谷区での就学相談の後、最終的な決定と学校の指定は東京都教育委員会が行います。
受付から決定までには見学・体験に時間がかかりますので、お早目にお申込みくださいね。
学務課特別支援教育係:03-3463-2993

国立、私立の特別支援学校

国立、私立の特別支援学校については直接お問合せ・ご相談ください。

など

特別支援学級

特別支援学級って?

区立小中学校に設置されている心身に障がいのあるお子さんのための少人数の学級です。通常学級の子どもたちとの交流も持てます。
教員は特別支援専門ということではありません。学校で1クラス、2クラスというケースが多い。
特別支援学級に在籍して継続的に指導・支援を受ける固定学級と通常の学級に在籍しながら一部特別な指導・支援を受ける特別支援教室(小学校)と情緒障がい等通級指導学級(中学校)があります。
*小学校の情緒障がい等通級指導学級は、特別支援教室へ移行しました。

固定学級 - 特別支援学級に在籍して継続的に指導・支援を受けます。

①知的障害学級

小学校5校、中学校3校 平成29年4月1日現在

小学校
設置校学級名
神南小学校わかくさ
臨川小学校つくし
幡代小学校幡代
富谷小学校いずみ
渋谷本町学園小学校E組
中学校
設置校学級名
鉢山中学校I組
上原中学校明星
渋谷本町学園中学校F組

学級の児童生徒の人数は全ての学年を合わせて8人1学級。担任は学級数+1名。
渋谷区では状況に応じて特別支援学級補助員や介助員を配置しています。

②特別支援教室(小学校)

通常の学級に在籍する学習や行動に困難を抱えている児童を対象に、「特別支援教室拠点校」に在籍する専門性の高い教員が在籍校へ出向いて、「特別支援教室」で特別な指導を行います。児童は自分の小学校で個別指導や小集団指導を受けます。
 指導を受ける児童は、在籍学級から学校内に設置された「特別支援教室」に特別な指導を受けに行きます。指導は個性や能力、発達状況で内容や指導日数、時間数を決め、個別指導や集団指導で行います。

支援の対象となる児童

  • 注意を集中し続けることが難しい
  • 授業中に席を離れてしまったり、質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまったりする
  • コミュニケーションが上手にとれない
  • 音読や書くこと、計算が苦手

 平成29年度から4校が拠点となり区内を4ブロックに分けて特別支援教育担当指導教員を設置しました。

拠点校教室名巡回指導校
常盤松小学校ゆずりは臨川小、長谷戸小、広尾小、猿楽小、加計塚小
神南小学校ふたば千駄ヶ谷小、鳩森小、神宮前小、代々木山谷小
幡代小学校いちょう上原小、西原小、富谷小
中幡小学校やまぶき笹塚小、渋谷本町学園小

③情緒障害等通級指導学級(中学校)

通っている中学校に籍を置いたまま、週1回を基本に、代々木中学校通級指導学級に通級し、生徒一人一人の課題に応じた学習内容・方法を検討し、個別または小集団により指導をします。

  • 本人、保護者、在籍学校の先生と話し合い、個別の教育プログラムを立てて指導をします。
  • コミュニケーション能力や社会性を育むための小集団指導と課題別学習のための個別指導を行います。
  • 通級による指導は原則1年間。

どんな指導を受けるの?
情緒障害同通級指導学級
自立活動(小集団):
ストレッチや集団ゲームを通じて他者との関りや体の動きを学びます。
自己表現や対人関係スキルなどを小集団の中で学びます。
教科指導の補充:
一人一人の課題に応じて、ノートの取り方や基礎学力の定着など学習スキルを身につけることで意欲の回復や自信へと導きます。
代々木中学校 西原1-46-1

④難聴・言語障害通級指導学級「きこえとことばの教室」(小学校)

渋谷区では神南小学校(宇田川町5-1)に「きこえとことばの教室」を設置しています。
渋谷区内の小学校に在籍し、下記の課題のある児童。

  • きこえにくさがある
  • ことばが出にくいなど吃音がある
  • 正しく発音しにくい音がある

など

区内の小学校の通常学級に在籍し、きめられた日や時間に学級に通い、個別や小グループでの指導をうけます。
専門機関との連携、心理・医学・教育等の専門家による診断や助言を受けながら指導をします。
通級指導には保護者の送り迎えが必要となります。

就学相談にあたって

就学相談にあたって 特別支援各学級の紹介、時間割(例)など詳細は「就学相談にあたって」に詳しく書かれていますのでこちらをご確認ください。

就学支援シート

就学支援シート 「就学支援シート」は、お子さまの小学校の生活がスムーズにスタートできるよう、保護者の方が学校に知っておいてほしいことなどを小学校の入学前に記入するシートです。
保育園や幼稚園、療育などで行っていた支援や小学校でも知っておいて欲しいお子さまの特性や配慮があったらご記入ください。少しでも戸惑い無く新しい環境に慣れるよう一緒に考えていきます。
>>詳しくはこちら

放課後クラブ

渋谷区には「児童館」はありません。
放課後、小学校にそのまま残って「放課後クラブ」で過ごします。
「放課後クラブ室」で宿題をやったり、校庭や図書館などで過ごします。文化事業やスポーツ活動、クラブ事業もやっています。

対象
A会員:当該小学校のB会員を除く全児童が対象
B会員:当該小学校の児童で、就労などの事情により、放課後等の時間にご家庭に保護者がいないお子さんが対象(「就労・就労内定証明書」の提出が必要です)

利用時間
A会員:(月)~(金)放課後~17:00まで
B会員:(月)~(金)放課後~18:00まで
特別会員は19:30まで
年末年始を除く(土)9:00~18:00まで
「特別延長」はやっていません

特別支援教室に通っているお子さんについて

放課後クラブは毎月20日までに登録申請をしていただくと翌月から利用可能になります。特別支援教室に通っているお子さんの親御さんは事前に放課後クラブ室に連絡をしていただき、直接「放課後クラブ登録申請書」を持って放課後クラブの職員に詳細をお話していただくこととなります。より安全に放課後クラブで過ごせるよう、また場合によっては加配の手配もあるため、日頃の過ごし方などよくお話をされることをお勧めします。

特別支援のあるお子さんについて

「放課後クラブ登録申請書」の「児童の状況」の欄に詳細をご記入ください。
「放課後クラブ」で安心に楽しく過ごせるように事前にお伝えすることをお勧めいたします。
渋谷区放課後クラブについて詳細、登録申請書はこちら

特別支援学級に通っているお子さんの日中一次支援について

特別支援学校在籍児童に対して、ご家族が就労している場合などに、放課後や長期休暇時の生活の場として利用できます。

放課後デイサービス「はぁとぴあキッズ日中一次支援」

神宮前にある「はぁとぴあキッズ」では日中一次支援も行っています。 >>詳しくはこちら

放課後デイサービス「コパン」

旧代々木小学校の校舎を利用した「渋谷区障害者福祉センター代々木の杜」に開設された放課後等デイサービス。小学校1年生~3年生の療育を必要とするお子さんが対象です。 >>詳しくはこちら

食物アレルギー対応について

まずは学校に相談されてくださいね。万が一のことがあってはいけないので、診断書など詳細をお伝えください。

学校内の頼れるサポーターのみなさん

特別支援教育支援員

お子さんの苦手な部分を助けてくれます。
支援を要するお子さんに対して、校内および校外活動などで学習や行動面の個別支援を行います。
1対1で支援員がつくか、複数人のお子さんを1人の支援員が見るか、ケースは様々です。ご相談を。

スクールカウンセラー

非常勤として派遣されています。児童・生徒だけでなく保護者自身の悩みも相談できます。お子さんの気になること、発達障がい、いじめ、不登校などについてご相談ください。
担任の先生に相談しにくいことなどを相談してみてもよいかもしれません。

通級指導や特別支援学級の担当教員

気になることや自宅での様子も伝えて、お子さんとどう接したらよいか聞いてみるなど、連絡をしっかりとりましょう。